Latest Posts

アメリカ、フロリダのタンパへサッカー修行

タンパへサッカー修行

私は数年前からタンパへサッカーの修行をしに留学しています。日本でも学べることは多いですが、海外でなければ学べない厳しさがあると判断したため、思い切って海を渡りました。

私が所属している地元クラブは競争の激しいチームです。今自分が所属するチーム名の由来もタンパベイローディーズから取ったものであり、所属選手たちは全員チームに忠誠を誓っています。私は当初困惑しました。日本ではここまでクラブへの愛情を抱いたことがなかったからです。

監督は英語が拙い私に対しても容赦はしませんでした。指示された内容の練習がこなせないと、簡単に見切られてしまいました。こちらへ来る前からある程度は覚悟していましたが、正直なところここまで厳しいとは予想もしていませんでした。

タンパでサッカー修行をはじめてから数週間、練習にも慣れてついていけるようになりました。そこで感じたのがシュートの精度と個人技の未熟さです。ここの選手たちは日本の選手たちと比べて、シュートの精度が非常に高いです。日本の選手はシュートよりもパス精度が高いと言われていますが、こちらではパスはそれほど重要視されていません。なぜならみんなゴールしか狙っていないからです。味方へパスをするくらいなら自分で決める、そんな気持ちを選手全員が持っているのです。

長年日本でサッカーをしていた私としては衝撃的でした。協調性は日本より明らかに劣ります。しかしシュートへの意識はまるで違います。それもただやみくもに打つのではありません。しっかりと枠内へ収める精度を持ち合わせているのです。監督からは力まずにリラックスしてシュートを打つようにとのアドバイスを受けました。シュート精度はひたすら練習しなければ向上しないと痛感しています。

また個人技の未熟さも感じました。こちらではいくらリフティングができても意味がないのです。日本以上に試合中に使える個人技を重視されます。ボールを止める、蹴るだけではなく、ドリブルスキル、動きながらのパスのトラップ技術、フェイント技術、体の使い方など、日本では深く学べなかったスキルを叩きこまれました。

タンパへ修行に来て私は大きくスキルアップができたと感じています。それは肉体面だけではなく、精神面も同様です。日本には日本特有の良さがありますが、一方で海外の厳しさを味わうことはできません。やはり現地で実際に体験してみなければ、本当の意味で成長することはできないと思います。

将来はサッカー選手になりたい子供たちへ

soccer-kids

ずいぶん昔になりますが、私も何を隠そう幼少の頃からサッカー一筋でサッカーに打ち込んできた人間の一人です。私が一緒にやってきたチームメイトの中にはJリーグの選手になった人も数多くいますが、その私から将来サッカー選手になりたい子供たちに私なりのアドバイスをしたいと思います。

私は自分の兄が中学校からサッカーを始めた影響で、小学校3年生から地元の少年サッカー団に入団しサッカーを始めました。サッカーはとても魅力的なスポーツでありすぐにサッカーの虜になり、明けても暮れてもボールを蹴って過ごしていました。今プロサッカー選手を目指している子供たちも日々サッカーに明け暮れていることと思います。

このこと自体何も悪いことではありません。サッカーは通常使うことのない足を器用に使わなければならないので、できるだけ小さい時からボールに触れることが大事とされています。そのため、小さいころにできるだけ多くぼるに触れることが大事です。

ただ、それだけでは将来サッカー選手として大成できないことを肝に銘じてほしいと思います。サッカーは頭の悪い人にはできないといわれることもよくありますが、それは試合の中で瞬時に正しい判断をしなければならないということもありますが、それ以外にも頭を使うことは選手として成長していくためにはとても重要な要素であるという意味合いもあります。

ユースぐらいまでであれば、サッカーだけをしてきた選手は、それなりの選手になることが可能だと思います。しかし、その上を目指すのであれば勉強もとても大事です。ここでいう勉強とは、小中高の学校での学業のことだけを指しているのでありません。自分がサッカーをしていることができるのは様々な周囲の人のサポートがあること、自分の置かれている状況を正しく判断する能力、サッカー選手として成長するためには何が必要なのかを冷静に判断する能力を身に着けることが必要があります。

このような能力を身に着けていない人は結局つぶれてしまいます。特に私が強調したいのは、私が見てきた中で結局プロサッカー選手として成功した人は、サッカーに対してとてもまじめな人だということです。才能があり18歳でユース入りを果たせたけど結局最後まで残れなかった人達やは、サッカーに対してまじめでなかったように思います。J2で少しばかり活躍できたからといってその後の努力を怠り、成長のために何が必要かを考えなかったためにその後大成しなかった人たちを多く見てきました。サッカーというスポーツは才能だけでやっていけるほど生易しいスポーツではないのです。

還暦祝いパーティー

還暦祝いにはカニ

カニは還暦祝いのパーティーにも欠かせない食材で、多くの人が食べることを楽しみにしています。牛肉などの豪華な食材は他にもありますが、カニでなければ出せない深い旨みがあります。鍋料理にすれば、他の野菜の美味しさも開花させてくれる食材です。炭火焼きにすれば、香ばしい風味と濃厚な旨みを同時に楽しめます。

還暦祝いのパーティーを開催する側にとっては、料理選びで迷うことがあります。どのような食材を選べば、出席者が喜んでくれるかを考えることが重要になります。子供からお年寄りの世代まで親しめる食材として、カニを選ぶことが多くなるのも当然のことです。多くの人を無口にさせてしまうほどの美味しさがありますが、還暦祝いパーティーではカニにまつわる話をして楽しむこともできます。

パーティーで提供されるカニには、ポーションタイプのものがありますから、多くの出席者にとって食べやすい状態で提供できます。食べやすいだけでなく色彩も綺麗ですから、華やかな還暦祝いの空気を盛り上げるためにも役立つ食材です。