CLOUD

クラウドの落とし穴

クラウドの落とし穴

“クラウドは原則としてネットワークを使用した大規模なシステム環境であるため、最も大きな欠点としてネットワーク障害時に完全停止してしまう例があげられます。

これはクラウドサービスで使用する情報が外部のサーバーに存在している構造上の理由が原因で、インターネット通信が行えない状況下においてサービスを利用することは不可能です。

そのため、自社サーバーを用いた従来のサービス提供方法より持続性で弱く、サービスが急に停止した場合の対応を考える必要性が生じてきます。

クラウドは環境全体の構築に掛かる費用が少なく、サービスにおける非常に広い範囲をカバーできる技術となりますが、信頼性の面で落とし穴が存在する点も理解して導入・使用することが大切です。

また、情報の一部リソースを第三者へ委ねる手法となるので、厳重なセキュリティ管理と保守が求められ、サービスに関連した重要な情報が外部へ漏れたり悪用されないようなデータセンターは不可欠となります。”

海外ホスティングのメリット

海外ホスティングのメリット

海外ホスティングのメリットは何といってもコストパフォーマンスの良さです。

国内ホスティングと同等、もしくはそれ以下の価格にも関わらず、ディスク容量、転送量、ドメイン数、データベース数が無制限に利用できる会社が多くあることです。国内の場合、多くの企業が、たとえばディスク容量は1.5GBまでなどの制限を設けています。画像や動画を扱うサイトを運営する場合、ディスク容量や転送量が無制限というのは大きなメリットです。

サポート体制については、24時間年中無休でサポートする会社が多いので、トラブル発生時でも安心してサイト運営できます。

支払いについてはPayPalが使える会社が多いため、クレジットカード番号や住所を契約時に入力しなくてもよいため、売り手の会社にクレジットカード番号を教えることなく支払えるので安心です。

また、運営するサイトが海外向けで海外の顧客が多い場合、海外ホスティングの方が接続スピードが速いというメリットもあります。