将来プロサッカー選手になるために

私は小学生一年生からサッカーをはじめて、今現在27歳です。
現在はプロサッカー選手ではありませんが、小学生の時は、将来サッカー選手になると思っていました。
小学3年生の頃の目標が市の選抜に選ばれたいという目標がありました。4年生の頃のセレクションで見事に合格し選ばれました。そのあと選抜で背番号10番を頂きプレーしました。
周りには選抜なので上手い選手がたくさんいる中、とても緊張し、いつものプレーができなくなる日が続き、監督も怖い人で怒られないよう毎日ビクビクしてプレーをしていた事を覚えています。そんな事をしていたら自分のプレーをいつの間にか忘れてしまい、サッカーが嫌いになった事を今でも覚えています。当時はメンタルがとても弱く、とても情けなくなります。
プロになるためには、目に見えるプレーも確かに大事なのですが、一番大事なのは、メンタルを鍛えるという事が大事だったと思います。

同級生でプロになる人達は、みんな自分が上手くなるための一心にかける気持ちが普通とは違う人ばかりです。
30歳を超えてプレーできる選手達は皆、覚悟が違います。プロになれても居場所がすぐになくなる選手とは、おそらく大きく違う事とは、覚悟の差だと思います。それぐらい大きく明暗が分かれるのです。

今現在のフットサル人口とサッカー人口は、大きく違いますが、プロになるための将来のトレーニングを考えたら、フットサルをやる事も成長する大事な要素が含まれています。世界的に有名な選手はフットサルで培ったボールさばきをプレーで表現しています。
世界ではプレミアリーグ、リーガエスパニョーラ、セリA .ブンデスリーガが今最も注目をするリーグですが、最近では中国リーグなどが選手を爆買いなんて傾向がある中、ついに世界の中心であるアメリカがフットボールの本腰を入れアメリカンリーグに、ビックネームを呼び寄せ旋風を巻き起こしています。
このアメリカのサッカーの力は今後常識を覆すくらいの発展を遂げ、ビック4リーグと呼ぶプレミア、リーガエスパニョーラ、セリA、ブンデスの中に割って入ることも予想されます。
今後日本人が海外で世界と戦えるプロになるために日本では様々なプロジェクトを組み、世界と戦える育成期間を設立するなど教育、育成という分野で大きく発展を遂げようとする動きが見られます。今後近い将来世界と戦える日本人のビックプレイヤーが育つことをとても楽しみにしています。